レディ

アンチエイジング効果が高いボトックス【副作用などについて知ろう】

  1. ホーム
  2. 症状について

症状について

頬を触る人

どんな副作用があるのか

さまざまな効果を期待できるボトックスの施術は、副作用が起こることがあります。どんな時にどんな副作用が起こるのかを知った上で施術を受けたほうがいいので、ここではボトックスの副作用についてご紹介します。
ボトックスの効果は、皮膚の下にある筋肉を麻痺させて収縮する作用があります。この作用によってエラ張りを解消し小顔になったり、頑固な表情シワを改善したりすることができます。しかし、万が一ボトックスを注入する量が多すぎてしまうと筋肉が極度に麻痺することがあります。こうなると、局所顔面神経麻痺という副作用が起こることがあります。この症状が起こった時は、筋肉が硬直状態となっているので自身で動かそうとしても無理な状態です。ここまでなったら、重度の副作用になるので医師に相談して、対処してもらうようにしましょう。軽度の副作用が起こった場合は、笑顔が不自然になる、口がいつもよりも開けられなくなるなどの症状が起こります。また、柔らかい表情を作ることができなくなり、無表情の印象を与えてしまうことにも繋がります。他にも、筋力の低下も挙げられます。これも、ボトックスの注入量を間違えたことで起こる症状です。
こういった副作用を起こさないようにするには、ボトックスの注入量を間違えない腕の良い医師を探すことが大切です。患者の状態を確認して適量のボトックスを注入できるようにしてくれるので、この施術を受ける時は必ず実績があってカウンセリングでしっかりと状態を確認してくれる医師にお願いするようにしましょう。